読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Our life is our art

▽カメラのある生活△

Our life is our art

カメラを持ってゆる写んぽの毎日

小学校から女子校生活。

じょしこーせいかつ。

こんにちはこんばんはおしゃきです。

 

 

今体が痛いブームです。

昔から姿勢が悪いのでそのツケが回ってきた感じ。

最近バイトが事務系だからなぁ…卒論執筆でも座ってばかりだからなぁ。

腰の固まり方がすごい。

 

 

 

 

 

今日は小学校時代を思い出してみたいと思います。

 

小学校に男の子がいない、とは。

 

前に述べた通り、私は小学校から女子校に通っています。

つまり小学校から男の子と関わりがありません。

 

tk10.hatenablog.com

 

1クラス30人弱のクラスメイトはみんな女の子です。

ちなみに私の小学校は1学年2クラスしかないので同級生は全部で60人。これが全て女の子です。

 

それから私立だったからか制服がありました。

30人弱の同じ服を着た女の子と毎日顔を合わせて生活するのです。

 

同世代の男の子はいない、30歳以上離れたおじさん先生しかいない。笑

同世代の男の子といえば、テレビの子役(例えば神木隆之介くん・須賀健太くん)しかいない訳ですよ。

 

毎月?2月に1回?送られて来る「チャレンジ」または「進研ゼミ」のやる気に満ち溢れている漫画で青春を想像するしかないんですよ!!!(必死)

 

 

 

「ちょっっと男子〜!」みたいなのがないんです。

ポケモンのサトシとか、名探偵コナンの帝丹小学校の子達とか、ちびまる子ちゃんのクラスメイトがいないんですよ。

 

 

 

キャンプでフォークダンスをして男子と手を繋ぐとか、そういうのがないんですよ!

 

 

当時はちっとも気にしていなかったし、むしろドラマとかでもっと大人な(と言っても自分より10歳、15歳、くらい違うだけの)ジャニーズや若手俳優にキャーキャーいって言いましたけれどね。

 

ごくせんを見て共学ってエキサイティングだなぁとびっくりしたし、野ブタをプロデュースを見て修二と彰に恋をしたし、もうどんどん理想が高くなっていくのです。

 

…そもそも出会いなどないのに。

 

 

 

 

 

なんだか短いですが今回はここまで〜

(思い出すのに時間がかかります笑)